ゆめ 希望 わすれないで・・・

ライン
イムジン河の詩


イムジン河

いつから
詠ってきたでしょうか

僕達は2001年1月
小さい時からの
夢だった
イムジン河を
生まれて初めてわたりました。

   寒くて 凍って 雪が積もって・・・・

それでも想っていた以上に
雄大な河でした。

河を わたってまもなく
国境である
板門店につきました。

それぞれの国の兵士が
互いの領土ぎりぎりの所で
緊張感をもって
立っていました。

突然
相手めがけて
    マイクで兵士が叫びました・・・・

なんだかわからないけれど
少し驚きました

韓国語の得意な
いわみ君が 教えてくれました。

「今日も 一日頑張ろうね!!」

氷点下の寒さの中を立っている
相手をいたわる
エールの交換だったのです。

ジーンと
こみ上げてくるものが
   ありました・・・・・

雪解け近い

    イムジン河・・・・・・

いつまでも

今度は
胸張って

詠いつづけると

     想います・・・・・・・



イムジン河 空遠く

虹よかかっておくれ

河よ 想いを 伝えておくれ

ふるさとを いつまでも

忘れはしない

イムジンの流れよ

伝えておくれ

ライン

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO